妻暴行などでリュ・シウォンに懲役8月求刑=控訴審

妻暴行などでリュ・シウォンに懲役8月求刑=控訴審

 俳優リュ・シウォンが懲役8月を求刑された。

 検察は8日、ソウル中央地方裁判所で行われた控訴審の公判で、妻に対し暴力を振るったり、脅迫したりし、また妻の車にひそかにGPS(衛星利用測位システム)追跡装置を取り付けたとして起訴されたリュ・シウォンに対し、懲役8月を求刑した。

 検察は「被告の暴行や暴言の度合いは重くないが、位置情報に関するほかの事件に比べ量刑が軽い」と説明した。

 リュ・シウォンは一審で、妻チョ氏を暴行、脅迫したほか、ひそかに車にGPS追跡装置を取り付けたとして罰金700万ウォン(約65万円)の刑を言い渡された。

 リュ・シウォンは2010年に結婚したが、2012年3月に妻が離婚調停を申請した。

パク・ミエ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 妻暴行などでリュ・シウォンに懲役8月求刑=控訴審

関連ニュース