「ファヨンが謝罪するなら復帰可能」=T-ARA事務所代表

「昨日ご両親に会った」

「ファヨンが謝罪するなら復帰可能」=T-ARA事務所代表

 ガールズグループT-ARAが所属するコア・コンテンツ・メディアのキム・グァンス代表は、脱退したファヨンが復帰する可能性について言及した。

 キム代表は30日夜、自身のツイッターに英語で「もしファヨンが自分の行為について謝罪するなら、スタッフやT-ARAのメンバーたちと一緒に復帰に関して話し合うこともできる」と書き込んだ。

 これより前、キム代表はスターニュースなど芸能関連メディアとのインタビューで「今回の決定はいじめ説などとは全く関係がないものだが、悪質なデマをあおる一部の人々のせいでおかしな方向に話が進んでいる」「悪質なデマがネットなどに流され続けて記事になっているため、T-ARAメンバーとファヨンは余計につらい思いをしている」と述べた。

 また、T-ARAのバックダンサーだと名乗る人物がネットに「ファヨンはジヨンにほおをたたかれた」と書き込んだことについては、「バックダンサーチームのリーダーに確認したところ、その書き込みをした人物はバックダンサーを詐称していることが分かった。当然、書き込みの内容も事実ではない」と説明した。

 キム代表は「昨日、ファヨンと(双子の姉で別のアイドルグループに所属する)ヒョヨンのご両親に会い、今回の決定の背景をきちんと説明したところ、理解してくださった。T-ARAとファヨンの成長を祈って決まったことなのに、事実でない悪質なデマが頻繁にネットに掲載されている。また、これが事務所に確認も取らずに記事になっているため、ファヨンはもちろん、ほかのメンバーのご家族もつらい思いをしている」と語った。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 「ファヨンが謝罪するなら復帰可能」=T-ARA事務所代表

関連ニュース