LADIES’ CODEリセ、ソウル追慕公園で荼毘に

LADIES’ CODEリセ、ソウル追慕公園で荼毘に

 7日に23歳という若さでこの世を去ったガールズグループLADIES’ CODEのメンバー、故クォン・リセさんがソウル追慕公園(ソウル市瑞草区)で荼毘に付されることになった。

 所属事務所ポラリス・エンターテインメントによると、故人の告別式は9日午前9時、高麗大学安岩病院(ソウル市城北区)葬儀場で行われるという。遺体は故コ・ウンビさんと同じく、ソウル追慕公園で荼毘に付される。埋葬先については、遺族との話し合いを経て、追って決定する予定。

 遺族や所属事務所の関係者たちは現在、高麗大学安岩病院の殯(ひん)所(出棺まで棺を安置する場所)で弔問客を迎えている。

 この日はソン・ジニョン、ノ・ジフン、デビッド・オ、イ・テグォン、ペク・チョンガンら MBCのオーディション番組『偉大なる誕生』でクォン・リセさんと知り合った仲間たちが続々と弔問に駆け付けた。そのほかイ・ウンミ、ユ・ジェソク、キム・ジェドン、BESTie、KARAのギュリとヨンジ、サユリ、パク・チェミンらも殯所を訪れ、故人の霊を慰めた。

 これに先立ち、ポラリス・エンターテインメントはクォン・リセさんが7日午前10時10分ごろ死亡したと発表。3日に交通事故に遭い、頭に大きなけがを負って病院で手術を受けたが、重体のまま息を引き取った。殯所は高麗大学安岩病院に設けられ、告別式は9日午前9時から行われる。

ユン・ソンヨル記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • LADIES’ CODEリセ、ソウル追慕公園で荼毘に

関連ニュース