乳がん闘病ソ・ジョンヒ、全摘した胸は「来月に再建手術を受ける予定」

【SportsChosun】がん闘病中のタレント、ソ・ジョンヒがテレビに出演し、近況を伝えた。

 ソ・ジョンヒは最近放送されたテレビ朝鮮の『ヒューマンドキュ 私は生きることにした』にゲストとして出演。

 番組でソ・ジョンヒは、近況について聞かれ「最近は打ち勝っている。打ち勝って山に登り、運動しながら『がんよ、出ていけ』と念じている」と明るい表情で語った。

乳がん闘病ソ・ジョンヒ、全摘した胸は「来月に再建手術を受ける予定」

 ソ・ジョンヒは「がんはステージ1といっても良いがんもあれば悪いがんもあるが、私は悪いがんだった。全体を切除するしかないと言われた。『初期なのになぜ全て切除しなければならないのか』と尋ねたら、がんが霧のように広がっていて、がん化する可能性のあるものが乳頭まで広がっているため誰が見ても全て切除しなければならないと言われ、全摘した」と打ち明けた。

 不安な気持ちから手術前の状態を写真に残したというソ・ジョンヒは、手術が無事に成功し、現在は乳房再建手術を控えていると明かした。ソ・ジョンヒは「抗がん治療は半年たったので終わり、今は(分子)標的治療を3週間に1回受けている。昨日も太ももの両側に標的治療を受けてきた。心臓の検査も受けた」として「来月には、乳房の再建手術を受ける」と話した。

乳がん闘病ソ・ジョンヒ、全摘した胸は「来月に再建手術を受ける予定」

 ソ・ジョンヒは「標的治療が終わっても5年間は飲み薬を服用しなければならない。今も服用しているが、むくみを誘発するため手も握れない。本当に苦労したが、むくんでいるから『ふっくらしていい感じ』と周囲に言われた。でも、それはむくみだから。それでも、むくんでいてもきれいだと言ってもらえたので、今はほぼすっぴんで外に出ている。自分の内面からそういう自信が生まれている。病気になったからといって隠れて弱気になることのないようにしようと思う。病気だからといって寝ていると、ますます具合が悪くなりそうなので、頻繁に外に出ている」と明かした。

チョ・ユンソン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c)Chosunonline.com>
関連ニュース