NiziUリマの親が離婚…「戦犯企業創業者のひ孫」のレッテルから解放

2020/11/05 10:50

【STARNEWS】JYPエンターテインメント所属の日本人ガールズグループNiziUのメンバー、リマが、両親の離婚に伴って家族史をめぐる居心地の悪い視線からもある程度逃れられるようになった。

 リマの母親でモデルの中林美和は2日、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」を通じて、夫との離婚とリマの親権について伝えた。

 中林美和は「本日離婚いたしました」という言葉と共に「娘たちの親権は私が持つことになり、同時に戸籍も私の戸籍に移ることになりました」と打ち明けた。

 インスタの書き込みよると、リマの法的な名前もまた「横井里茉」から「中林里茉」になる。

 リマは以前、いわゆる「戦犯企業の子孫」論争に巻き込まれたことがある。

 リマの父親で人気ラッパーのZeebraが、実業家の故・横井英樹の孫だという事実が明らかになったからだ。横井英樹は横井産業の創業者で、第2次世界大戦中に軍事物資を納品して得た利益を不動産などに投資して富を蓄えた。

◆10年たっても相変わらずステキな長寿アイドル3位は少女時代、1位は?

 ここから、リマはいわゆる「戦犯企業創業者のひ孫」というレッテルが張られ、論争に巻き込まれたこともある。多国籍メンバーからなるNiziUはKポップコンセプトのガールズグループとして活動していることから、反日感情問題もつきまとうことになった。

ユン・サングン記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版

issue編集部ピックアップ