WINNERキム・ジヌ4月2日入所、社会服務要員として代替服務

WINNERキム・ジヌ4月2日入所、社会服務要員として代替服務

【STARNEWS】WINNERのキム・ジヌが、国防の義務を尽くすため社会から一時退くことになった。

 キム・ジヌは4月2日、忠清南道論山にある陸軍訓練所に入所する。所属事務所YGエンターテインメントが27日に明らかにした。

 キム・ジヌはここで4週間の基礎軍事訓練を受けた後、指定された機関で社会服務要員として誠実に代替服務する予定だ。

 キム・ジヌは27日午後、WINNERのファンクラブゾーン(INNER CIRCLE)に直筆の手紙を掲載し、真っ先にファンに入所のニュースを伝えた。

 手紙でキム・ジヌは「僕らのインサ(ファン)と少し離れることになったが、元気に勇ましく行ってきたい」として、「何より、皆さんと僕ら(WINNER)にとってプレゼントのようなアルバムを出すことができてうれしい。一緒に聞くことができてすごく幸せ。今や本当に兄弟になった僕の弟たち(WINNER)にもいつも感謝し、愛してる」と気持ちを伝えた。

 キム・ジヌが所属するWINNERは、26日に先行公開されたリード曲「Hold」で韓国内外の音源チャートの首位をさらって回り、人気を集めている。

コン・ミナ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c)Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • WINNERキム・ジヌ4月2日入所、社会服務要員として代替服務

関連ニュース