カン・ダニエル活動中断…「『うつ』および『パニック障害』と診断された」

カン・ダニエル活動中断…「『うつ』および『パニック障害』と診断された」

 カン・ダニエルが、当分はテレビでの活動を中断するものとみられる。

 コネクテッド・エンターテインメント側は4日、「カン・ダニエルは、今年上半期から免疫力低下に伴う頻繁な健康悪化に加えて心理的な不安症により病院へ通い、精密検査を受けて『うつ』および『パニック障害』の診断を受けた」として、「その後地道にカウンセリングと薬の処方を通して治療に務めてきたが、このところさらに深刻な不安の症状を訴え、十分な休息と安静が必要という結論を下した」と発表した。

 カン・ダニエルは4日未明、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に、現在自分が直面している状況について告白し、つらそうな様子を見せ、多くのファンから同情された。加えて、4日午前に予定されてた『ショー! チャンピオン』の収録もキャンセルし、今後の活動についても正常にこなすことはできないという判断を下すに至った。

 事務所側は「突然のニュースでファンの皆さんや、テレビ局、報道機関をはじめ全ての関係者の方にご心配をおかけすることになり、深くお詫びする」としつつ、「カン・ダニエルの健康回復のため、できる限り全ての方法を動員して支援する。アーティストを保護すべき事務所としての責任をあらためて胸に深く刻みたい」と覚悟を固めた。

ハ・ナヨン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • カン・ダニエル活動中断…「『うつ』および『パニック障害』と診断された」