「経営に関与していない」 チョン・ジュノがリゾートの用途変更めぐり立場表明

「経営に関与していない」 チョン・ジュノがリゾートの用途変更めぐり立場表明

 SBSが報じたリゾートの違法な用途変更および営業疑惑について、俳優チョン・ジュノが立場を表明した。

 所属事務所STXラインハートは3日、「チョン・ジュノは映画『砂時計』にキャスティングされた後、映画の振興のため広報大使として名誉会長職を引き受けてきた」とした上で「江原道春川市の要請により広報大使を引き受けたが、『砂時計』のロケ地となる該当の場所の経営や運営には全くかかわっていない」と説明。

 STXラインハートはまた、「今回問題となった許認可の件とはいかなる関係もないことをお知らせする。今後も該当の場所の経営や運営に関与する予定はない」と強調した。

 これに先立ち、SBSは2日、 『8ニュース』で春川市内にある旧京春線の線路近くのリゾートの任意用途変更について報道し、春川市の名誉広報大使として活動している人気俳優がこのリゾートの造成に関与したと伝えていた。

イ・ウジョン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 「経営に関与していない」 チョン・ジュノがリゾートの用途変更めぐり立場表明

関連ニュース