【萬物相】あまりにも多すぎる「有名人の自殺」

【萬物相】あまりにも多すぎる「有名人の自殺」

 韓国の自殺率は経済協力開発機構(OECD)加盟国で最悪だ。一昨年、2位になったのは、自殺率が韓国を上回るリトアニアがOECDに加盟したためだ。ところが昨年、韓国はリトアニアを抑えて再び自殺率1位になった。人口10万人当たりの自殺者数が韓国は26.6人で、OECD平均(11.5人)の2倍をはるかに超える。昨年だけで1万3670人が自ら命を絶った。一日当たり平均37.5人なので、38分間に1人の割合で最悪の選択をしているということだ。

 世界で韓国より自殺率が高い国は10カ国前後で、ほとんど名前を耳にしないような国々だ。昨年、韓国の自殺率が10%ほど増えたのは「模倣効果」のためだろうと韓国保健福祉部では分析している。2017年末から有名人の自殺が相次ぎ、そのたびに自殺件数も増えているそうだ。事実、2017年9月に小説家でもある馬光洙(マ・グァンス)元延世大学教授が自殺して以降、男性アイドルグループSHINeeのメンバー・ジョンヒョンさん、政治家の魯会燦(ノ・フェチャン)氏、タレントのチョ・ミンギさんらが相次いで自ら命を絶っている。

 先月、女性アイドルグループf(x)のメンバーだったソルリさんが自ら命を絶ったのに続き、ソルリさんの親友でKARAの元メンバー、ク・ハラさんが自宅で死去しているのが24日、発見された。ソルリさんは25歳、ク・ハラさんは28歳で、最高の人気を享受したトップアイドルだった。2人ともインターネット上のアンチコメントにさいなまれ、私生活で問題を抱えていたというが、公開された遺書がなく、実際の理由は分かっていない。前日までいつもどおりソーシャル・メディアにメッセージや写真を投稿していた若い芸能人の突然の悲報に驚き、当惑する。

韓賢祐(ハン・ヒョンウ)論説委員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 【萬物相】あまりにも多すぎる「有名人の自殺」

関連ニュース