悲しみに包まれた故ク・ハラの殯所…「天では安らかに」

 24日に突然世を去った歌手の故ク・ハラの殯(ひん)所(出棺まで棺を安置しておく場所)が、カトリック大学ソウル聖母病院の葬礼式場に用意された。

 ク・ハラは24日午後6時ごろ、江南区清潭洞の自宅で亡くなっているのが発見された。ソウル・江南警察署側は「極端な選択など、正確な死亡の経緯について調べているところ」と明かした。

 ガールズグループKARA出身のク・ハラ側は「遺族の意向に基づき、葬儀を静かに執り行うため、ファンやメディアのため弔問場所を別途用意した」として、「ソウル聖母病院葬礼式場1号室で、きょう(25日)午後3時から27日午前0時まで弔問ができる」と発表した。さらに、出棺など全ての手続きは非公開で行われ、訪問や取材は控えてほしいと要請した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • ▲殯所に掲げられたク・ハラの遺影/写真=写真共同取材団

関連ニュース