徴兵:除隊間近のG-DRAGON、SNSに意味深コメント

徴兵:除隊間近のG-DRAGON、SNSに意味深コメント

 BIGBANGのメンバー、G-DRAGONが除隊を前に、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)活動をスタートした。

 G-DRAGONは今月1日、写真共有SNS「インスタグラム」に写真を数枚掲載。2月20日に故カール・ラガーフェルドさん(ファッションデザイナー)を追悼するコメントを書き込んで以来、およそ8カ月ぶりのことだ。

 このたび公開された写真を見ると、上半身裸のG-DRAGONの姿とともに「お前の人生を生きろ」「世の中はお前がいなくてもうまく回っている」「お前がいなくても世の終わりではない」といったメッセージがつづられている。

 さらに、キューバ生まれの芸術家フェリックス・ゴンザレス=トレスが1988年に恋人に送った手紙も掲載。そこには「時計を恐れてはいけない。それが僕らの時間だし、その時間は寛大に流れていった。僕らは勝利の甘い味を時に刻み、特定の時間や空間で出会い、運命を征服した。僕らは時間を通じてつくられたのだから、時が来きたら返さなければならない」と書かれている。

 なお、G-DRAGONは昨年2月に陸軍第3師団新兵教育隊に入所し、その後第3師団砲兵連隊に配属された。10月26日除隊予定。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 徴兵:除隊間近のG-DRAGON、SNSに意味深コメント
  • 徴兵:除隊間近のG-DRAGON、SNSに意味深コメント

関連ニュース