音楽的変化を遂げた赤頬思春期、新曲が各音源サイトで1位に

音楽的変化を遂げた赤頬思春期、新曲が各音源サイトで1位に

【STARNEWS】ガールズデュオの赤頬思春期(アン・ジヨン、ウ・ジユン)の新たな音楽的試みも、人々の好みを撃ち抜いた。

 10日午後にリリースされた赤頬思春期の新ミニアルバム『Two Five』のリード曲「ワーカホリック」は、リリース直後、韓国最大の音源サイトMelonをはじめgenie、Bugs、ソリパダなど主な音源サイトで首位に立った。

 続いて11日午前8時現在、Melon、genie、Bugs、ソリパダ、オーレミュージック、カカオミュージックの計6チャートで1位を維持し、トップの座をしっかり守っている。収録曲もまた、音源チャート100位圏内にランクインするだけでなく、上位に落ち着く底力を見せた。

 先に赤頬思春期は、新たな音楽的試みを予告していた。アルバムリリース前から音楽ファンの期待を一身に集めていた赤頬思春期は、今回の音源成績で「音源強者」らしいところを立証し、成功裏に変身を遂げた。

コン・ミナ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 音楽的変化を遂げた赤頬思春期、新曲が各音源サイトで1位に

関連ニュース