イ・ドンウク「こんな一面もあったのか、というところを見せたい」

イ・ドンウク「こんな一面もあったのか、というところを見せたい」

【NEWSIS】タレントのイ・ドンウク(37)が、OCN『他人は地獄だ』で、ジャンル物と呼ばれる娯楽作品に初めて挑戦する所感を語った。上京してきた青年が、ソウルの「考試院」と呼ばれる簡易住宅施設で慣れない暮らしを始める中、他人が作り出す地獄を経験するというミステリードラマだ。

 同番組でイ・ドンウクは、最近韓国軍を現役除隊(予備役へ転役)したイム・シワン(30)と息を合わせる。考試院の近くで病院を営む歯科医「ソ・ムンジョ」を演じる。

 イ・ドンウクは「ジャンル物の演技は初めてなので、ソ・ムンジョに変身するのは新たな挑戦。今回の作品を通して『イ・ドンウクにはこんな一面もあったのか』ということをお見せしたい」と語った。

 自分の役については「登場人物と最も多くからむキャラクター」とみなした。「考試院エデンに暮らしている人々と助けたり助けられたり、時には対立しながら、番組に緊張感を届ける。平凡なようで決して平凡じゃなく、しかも神秘的でミステリアスな雰囲気を帯びた魅力的な人物」。

 漫画家キム・ヨンキが手掛けた同タイトルのウェブ漫画が原作。映画制作陣とドラマ制作陣が協業する「ドラマチックシネマ・プロジェクト」第2弾の作品だ。OCNのドラマ『君を守りたい~SAVE ME~』(2017)の脚本家チョン・イドと、映画『死体が消えた夜』(2018)のイ・チャンヒ監督が手を組んだ。放送は31日夜10時30分からスタートする。

シン・ヒョリョン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • イ・ドンウク「こんな一面もあったのか、というところを見せたい」

関連ニュース