ハン・ジミン、「慰安婦だった私の母へ」手紙朗読

ハン・ジミン、「慰安婦だった私の母へ」手紙朗読

【STARNEWS】女優ハン・ジミンが、日本軍「慰安婦被害者をたたえる日」の記念式典で、元慰安婦のおばあさんをねぎらう手紙を朗読した。

 14日午前、ソウル市竜山区の白凡金九記念館では、日本軍「慰安婦被害者をたたえる日」記念式典が開かれた。

 この日、ハン・ジミンは「慰安婦だった私の愛する母へ」という手紙を朗読した。この手紙は、慰安婦被害者のおばあさんの痛みを伝えようと、遺族の話を基に作られた手紙だ。

 ハン・ジミンは「お母さん、17歳、戦争のとき、けがをした人を看護しに行ったんじゃないのね。誰かに強制で連れて行かれて、ひどい苦労をしたのね。ぼんやり推し量るだけでした」と口を開いた。

 さらにハン・ジミンは「お母さんが生前おっしゃった言葉が思い浮かびます。最後まで戦っておくれ。謝罪を受けておくれ。それでこそ、死んでも恨みなく土の中に埋まっていられそうだよ。この世に二度と戦争があってはいけない。二度と私のような痛みがあってはいけない」という部分を読みながら、胸がつかえる様子を見せた。

 ハン・ジミンは、手紙を朗読する途中、悲しみがこみ上げたように声が低くなり、目が赤くなったが、最後まで静かな声で手紙を朗読した。

 日本軍「慰安婦被害者をたたえる日」の14日は、1991年に故・金学順(キム・ハクスン)さんが「慰安婦」被害の事実を初めて公に証言した日で、慰安婦被害はをたたえ問題を韓国内外に伝えるため、韓国政府は昨年からこの日を国家記念日に指定して記念式を開催した。

キム・ヘリム記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • ハン・ジミン、「慰安婦だった私の母へ」手紙朗読

関連ニュース