カンイン、SUPER JUNIOR脱退へ

カンイン、SUPER JUNIOR脱退へ

 人気グループSUPER JUNIORのメンバー、カンインが脱退することを発表した。

 カンインは11日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に「本当に久しぶりに皆さんにごあいさつする」とした上で「僕は長い間ともに歩んできた『SUPER
JUNIOR』という名前を手放そうと思う」とつづった。

 さらにカンインは「いつもメンバーたちには申し訳ない気持ちだった。おろかな僕を変わらず応援してくださる皆さんや会社の皆さんたちのことが気がかりでなかなか勇気を出せず、どんなことも僕一人で決めてはいけないと思っていた」と打ち明けた。

 そして「でも、僕の問題で、経験しなくてもいいことを経験せざるを得なかったメンバーたちの姿を見ながら、もうこれ以上遅らせてはいけないと判断した。皆さんに一番申し訳なく思っている」と述べ、「だいぶ遅くなってしまったけれど、SUPER JUNIORという名前を手放し、一人になっても常に申し訳ない思い、感謝の気持ちを胸に歩んでいきたい」とコメントした。

 カンインは最後に「いつもSUPER JUNIORの成功を祈っている」とつづった。

 これについて、所属事務所SMエンターテインメント傘下のレーベルSJは、「会社との専属契約は変わらない」とした上で「今後の活動については何も決まっていない」とコメントしている。

 カンインは2005年にSUPER JUNIORのメンバーとしてデビュー。これまで何度も社会的に物議をかもしてきた。2009年9月には酒を飲んで横にいた客ともめ、暴行容疑で立件され、起訴猶予処分を言い渡された。また、同年10月には飲酒運転でひき逃げ事故を起こし、罰金800万ウォン(約80万円)の略式起訴処分を受けた。

チョン・シネ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • カンイン、SUPER JUNIOR脱退へ

関連ニュース