性的暴行でカン・ジファン逮捕、被害女性は事務所社員ではない

性的暴行でカン・ジファン逮捕、被害女性は事務所社員ではない

 俳優カン・ジファン(42)が性的暴行およびわいせつ容疑で警察に緊急逮捕された。

 京畿道広州警察署は10日、カン・ジファンを性暴力犯罪の処罰などに関する特例法上の準強姦(ごうかん)容疑により9日午後10時50分ごろ、広州市内の自宅で緊急逮捕したと発表。同署の説明によると、カン・ジファンは女性2人と自宅で酒を飲んだ後、一人に性的暴行を振るい、もう一人にわいせつ行為をしたという。

 この過程で、カン・ジファンから被害を受けたと主張している女性はカン・ジファンの所属事務所ファイ・ブラザーズのスタッフだと伝えられたが、知人であることが分かった。

 関係者は10日午前、スターニュースの取材に対し「今回の事件はカン・ジファンの所属事務所のスタッフが関係しているのではない。ただし、2次被害が懸念されるため、被害を訴えている女性たちの身元に関する情報を把握しようとするのは控えていただきたい」と語った。

 なお、ファイ・ブラザーズは今回の事件をめぐり、非常対策会議を開いているという。

キム・スジン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 性的暴行でカン・ジファン逮捕、被害女性は事務所社員ではない