V.I逮捕状請求棄却、頭を痛める韓国警察

V.I逮捕状請求棄却、頭を痛める韓国警察

 人気グループBIGBANGの元メンバー、V.I(28)=本名:イ・スンヒョン=に対する逮捕状請求が14日、裁判所で棄却された。V.Iと共に投資会社を設立した人物(34)に対する逮捕状請求も棄却された。警察はV.Iの逮捕でいわゆる「バーニングサン事件」の捜査に決着を付けようとしていたが、逮捕状請求が棄却されたことで、捜査に不十分な点があったことを指摘された形になった。

 ソウル警察庁広域捜査隊と知能犯罪捜査隊は、V.Iと共同設立者が2015年に韓国を訪れた日本人投資者一行に性接待をし、自分たちが投資したソウル市江南区のクラブ「バーニングサン」の資金を横領しようとした容疑で捜査してきた。ところが、ソウル中央地裁のシン・ジョンヨル逮捕状担当部長判事は「横領の部分は争点となる余地がある。ほかの容疑でも逮捕事由を認めるのは難しい」として逮捕状請求を棄却した。

 バーニングサン事件は昨年12月から韓国で関心の的となってきた。インターネット上では、「警察の後ろ盾を得てクラブで芸能人や外国人などが性犯罪を行い、薬物を使用していたのではないか」という疑惑が既成事実のように飛び交った。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「徹底的に捜査せよ」と指示し、ミン・ガプリョン警察庁長官も「警察の命運をかけて捜査する」と言っていた。警察は捜査人員152名を投入、105日間にわたり捜査してきた。

 警察内部ではこれまで、V.Iの逮捕を今回の捜査の「クライマックス」だとしてきた。警察はV.Iに合計18回、事情聴取した。V.I側の弁護人は「警察は横領という枠にはめて過度に追い込んだ」として約70枚分の弁護人意見書を警察ではなく検察に提出した。

キム・スンジェ記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • V.I逮捕状請求棄却、頭を痛める韓国警察
  • V.I逮捕状請求棄却、頭を痛める韓国警察

関連ニュース