Rain「家庭と仕事は別、家族は守ってやりたい」

Rain「家庭と仕事は別、家族は守ってやりたい」

 歌手で俳優のRain(本名:チョン・ジフン、36)が家族に向けた切ない気持ちを示し、「家族くらいは仕事と切り離して守ってやりたい」と語った。

 Rainは2月20日午前、ソウル市鍾路区三清洞のカフェで開かれた映画『自転車王・厳福童』(キム・ユソン監督)のラウンドインタビューに臨み、映画について語った。

 『自転車王・厳福童』は植民地期、希望を失った時代に、日本人選手を抑えて朝鮮人として初めて全朝鮮自転車大会で1位になり、東アジア全域を席巻した「東洋の自転車王」厳福童(オム・ボクトン)を題材にした作品だ。

 キム・テヒと結婚後、父親になったRainは、家庭を構えたことで変わった部分はないかという質問に対し、「実際、大きく変わったところはない。例えば、家庭を築き父親という肩書を持って、これからどうするかと尋ねてみると、別に変わりはない。けれど、僕にとっては初めてルールが生まれた」と答えた。

 Rainは「以前は、家庭や仲間について明るく話すことができたけど、このごろの世間は怖い。僕も我が子はかわいくて、だから公開もしたいけど、それが後で刃になって戻ってくる。だから僕は徹底して家族と仕事を、壁で区切って分けようと思う。だから、あからさまに自分の家族について話をすることには慎重」と語った。

 さらにRainは「僕は亡くなった母について罪悪感があるので、家族を傷付けられることに対し、理性的な判断ができない。僕については何をどう言われようと関係ないが、家族や家庭に手を出されたら、一線を越えることになる。だから家族と仕事は一線を画して行きたい」と語った。

 映画『自転車王・厳福童』は2月27日公開。

キム・ミファ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • Rain「家庭と仕事は別、家族は守ってやりたい」
  • Rain「家庭と仕事は別、家族は守ってやりたい」

関連ニュース