視聴率至上主義がもたらした韓国テレビ局・芸能事務所のモラル欠如

視聴率至上主義がもたらした韓国テレビ局・芸能事務所のモラル欠如

 男性アイドルグループBIGBANG出身のV.I(28)=本名:イ・スンヒョン=による性接待疑惑や歌手チョン・ジュニョン(30)の性行為動画違法流布事件にファンも視聴者も一斉に激怒した。バラエティー番組『ハッピーサンデー』の人気コーナー「1泊2日」(KBS第2)などの出演番組やファンクラブの掲示板には視聴率至上主義でモラルが欠如したテレビ局・芸能事務所への批判が殺到、疑惑に関与したとされる歌手のファンクラブでは「退会ラッシュ」現象が起こっている。

 チョン・ジュニョンについては、2016年の交際相手に対する盗撮事件からわずか4カ月で「1泊2日」に復帰したことをめぐり、「公営放送が事実上の免罪符を与えた」との指摘が多数あった。ある視聴者は14日、KBS公式サイトの掲示板に「16年にチョン・ジュニョンが違法撮影で告訴された時、『1泊2日』制作スタッフが復帰させなかったら、その間に多数発生した性犯罪被害者を1人でも減らすことができたはずだ」と投稿した。この視聴者はさらに、「復帰したチョン・ジュニョンに『苦労したね』とハグして慰めたり、笑ったりしていたほかの男性出演陣の姿も見たくない」とも書き込んだ。

 ファンクラブ退会も続いている。この日、芸能関連のコミュニティーサイトには「チョン・ジュニョン盗撮事件」に関与した男性アイドルグループHIGHLIGHTのメンバー、ヨン・ジュンヒョンのグループ脱退告知に800件のコメントが寄せられた。「自分自身が情けない。ファンをやってきた10年間という歳月があいつの低俗な行為で崩壊したのが恥ずかしい」といったものが多かった。チョン・ジュニョンのファンクラブは2000人減り、BIGBANGの公式ファンサイトにも「脱退するために(同サイトに)来た」「(所属事務所)YG(エンターテインメント)はこのようなことに巻き込まれるまで管理・監督もせずに何をやっていたのか」「ヤン・ヒョンソク(同事務所代表)が恨めしい」などの投稿が殺到した。

シン・ドンフン記者 , キム・スギョン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 視聴率至上主義がもたらした韓国テレビ局・芸能事務所のモラル欠如

関連ニュース