興行成績:『言葉集め』公開5日目で通算観客数100万人突破

興行成績:『言葉集め』公開5日目で通算観客数100万人突破

 ユ・ヘジン、ユン・ゲサン出演の映画『言葉集め』が公開5日目にして通算観客動員数100万人を突破した。

 『言葉集め』は13日昼12時、通算観客動員数100万3404人を記録、100万人の大台を突破した(映画振興委員会・映画館入場券統合ネットワーク調べ)。

 『言葉集め』は、韓国語の使用が禁じられていた1940年代、字が読めないパンス(ユ・ヘジン)が朝鮮語学会代表のジョンファン(ユン・ゲサン)と出会い、辞書をつくるため極秘で全国の韓国語、そして心を集めるというストーリーだ。

 『言葉集め』は、公開1週目の『シュガー・ラッシュ:オンライン』や『アクアマン』を抑えて興行成績ランキング1位に立ち、口コミで興行をさらに伸ばしている。

ユン・サングン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 興行成績:『言葉集め』公開5日目で通算観客数100万人突破

関連ニュース