『ボクスが帰ってきた』ユ・スンホ「制服姿で演技するのはたぶん最後」

『ボクスが帰ってきた』ユ・スンホ「制服姿で演技するのはたぶん最後」

 ユ・スンホが、7日に開かれたドラマ『ボクスが帰ってきた』の制作発表会に出席し、気負わず作品に臨んでいると語った。

 俳優ユ・スンホはこの日、自分のコメディの演技について「こういうジャンルに自信はない。あまりやったこともなくて。人間には、そういうときがないか。やったことのないことをやりたいという欲が出てきて。すごくかっこよく見えるようにとは思わなかった。一切気負わずに。気負わないという表現が正確なように思う」と語った。

 次いで「気負わないのは難しくないが、あまりやったことなかったという点がちょっと引っかかってる。一つ一つ撮影すればするほど、何もかも置いてきた自分と出会う。監督さんに『こういう風までやってもいいか』と尋ねてみると、当然オーケーだと喜ばれた。今回の作品を通して、気負わない方法を学んだように思う。これまでとは違う人物、キャラクターを目にできるんじゃないかと思う」と語り、期待を集めた。

 またユ・スンホは「実際、テレビで学校の制服を着るのが嫌だったことがあった。子どもっぽく見えるから。そのせいか、ふと、制服を着るのは今回が最後じゃないかと思った。少しでも僕のこういう姿を反映させて、見ていただきたかった。たぶん、制服を着て演技するのは今回が最後じゃないかと思う」と告白した。

 SBSの新月火ドラマ『ボクスが帰ってきた』は今月10日午後10時から放送スタート。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 『ボクスが帰ってきた』ユ・スンホ「制服姿で演技するのはたぶん最後」

関連ニュース