ジョン・ヨンファが5000万ウォン寄付=国際障害者デー

ジョン・ヨンファが5000万ウォン寄付=国際障害者デー

 国際障害者デーを迎えるに当たり、障害のある子どもたちのため、人気バンドCNBLUEのメンバー、ジョン・ヨンファが5000万ウォン(約500万円)を寄付した。

 FNCエンターテインメントが6日発表したところによると、ジョン・ヨンファは最近、小麦福祉財団(ホン・ジョンギル理事長)に対し、障害のある子どもたちのために使ってほしいとして5000万ウォンを寄付したという。寄付金はジョン・ヨンファの意向により、低所得世帯の障害児の医療費や生活費などに使われる予定だ。

 ジョン・ヨンファはこれまで、毎年コツコツと寄付活動を続け、国内外の低所得層を支援したり、ボランティア活動を繰り広げるなどしてきた。ジョン・ヨンファは2014年に発表した自作曲『星、そして君』の収益金を寄付するなど才能寄付(プロボノ=各分野のプロ・専門家が知識・経験を生かして社会貢献するボランティア)はもちろん、ファンクラブと一緒に善行を重ねてきた。

 なお、ジョン・ヨンファは今年3月に入隊、第2軍団702特攻連隊に志願し、現在服務している。

ユン・サングン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • ジョン・ヨンファが5000万ウォン寄付=国際障害者デー

関連ニュース