徴兵:チョン・イル「兵役中の2年間、演技が恋しかった」

徴兵:チョン・イル「兵役中の2年間、演技が恋しかった」

 俳優チョン・イルが30日、召集を解除された。

 チョン・イルは30日午後、ソウル市瑞草区の区立瑞草老人療養センターで召集解除式に臨み、2年間にわたる社会服務要員(旧・公益勤務要員、兵役の代わりに公的機関で働く)としての服務を終えた。2016年12月に忠清南道論山の訓練所に入所したチョン・イルは4週間にわたる基礎軍事訓練を受けた後、区立瑞草老人療養センターで勤務してきた。

 社会服務要員の制服姿で登場したチョン・イルは「国民として当然果たすべき義務を果たしただけだが、召集解除を祝ってくださりありがとう」とあいさつをした。さらに「勤務期間中、療養センターで自分の人生を振り返ってみた。長い人生を生き抜いた高齢の方々に対して考える時間もあった」と語った。

 チョン・イルは「これから俳優生活を送るに当たり大きな助けになるだろう。2年間、変わらず応援してくださったファンの皆さんに感謝している。2年間、ずっと作品を待ち望んでいた。とても恋しかった。デビューしたてのころのように、情熱をもって準備してきた。ドラマ『カイチ』で会おう」と話した。チョン・イルは2009年2月スタート予定のドラマ『カイチ』に出演する。

 なお、チョン・イルは2006年に親しい俳優イ・ミンホとともに交通事故に遭ってけがをし、社会服務要員の判定を受けた。交通事故により脳動脈瘤と診断されたのにもかかわらず、チョン・イルは国防の義務を果たした。

ハン・ヘソン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 徴兵:チョン・イル「兵役中の2年間、演技が恋しかった」

関連ニュース