キム・ヒャンギが漢陽大学演劇映画学科に合格

キム・ヒャンギが漢陽大学演劇映画学科に合格

 女優キム・ヒャンギが来年、新入生になる。

 キム・ヒャンギの所属事務所ナム・アクターズ側は8日、キム・ヒャンギが漢陽大学演劇映画学科の随時選考(推薦入試・一芸入試など一般入試以外の試験)に最終合格したと発表した。2000年生まれのキム・ヒャンギは最近、随時募集に出願し、最終合格通知を受けた。

 03年に広告モデルとして韓国芸能界で第一歩を踏み出したキム・ヒャンギは、06年の映画『マウミ』を皮切りに『私のオオカミ少年』、『優しい嘘』、『神と共に-罪と罰』、『ヨンジュ』など多数の映画・ドラマに出演し、成長してきた。

 さらに昨年と今年、観客動員1000万人を記録した『神と共に』第1編と第2編で冥界の使者ドクチュンを演じて活躍し、観客らに存在感をアピールした。今月22日には釜山国際映画祭で好評を博した新作映画『ヨンジュ』の公開が控えており、来年には『証人』が公開される。

キム・ヒョンロク記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • キム・ヒャンギが漢陽大学演劇映画学科に合格

関連ニュース