インタビュー:チョ・スンウ、『ジキルとハイド』再出演のワケ

インタビュー:チョ・スンウ、『ジキルとハイド』再出演のワケ

 俳優チョ・スンウ(38)が再びミュージカル『ジキルとハイド』の舞台に上がる理由は?

 テレビに映画、ミュージカルと多方面で積極的に活動を続けているチョ・スンウは、4年ぶりに『ジキルとハイド』への出演を確定し、ミュージカルファンの熱い関心を集めている。

 映画『明堂』の公開を控えた9月13日午前、ソウル市鍾路区三清洞のカフェでインタビューに応じたチョ・スンウは、舞台にしても映画にしてもドラマにしても、同じ基準で作品を選び、出演していると語った。『ジキルとハイド』出演決定に関する質問に、チョ・スンウは「ミュージカルの場合、作品は多くない。それに、僕を必要としてくれた」と答え、さらに「一度公演をやって、また再公演する理由がある」と口を開いた。

 「『ジキルとハイド』に出演し始めてから15年になる。誰かがインターネット上に『10年間見てない』と書いていた。(僕は)『またやったら飽きられるんじゃないか。僕が10年、15年とやることで、後輩たちの道を塞いでいるんじゃないか』とも思った。主(ぬし)のように『この作品から僕は降ろせない。これは僕のだ』というマインドは全くない。いつかは他人に譲ることになるだろうという気持ちがあったが、10年待ったという話を聞いて『しまった』と思った」

 チョ・スンウは「舞台は限定的で、客席の数も限りがある。舞台の特性上、撮影して誰にでも見せられるというわけでもない。チケット争いというものは、誰かには勝利の喜びを与えるかもしれないが、喪失感を与えることもあり得るな、と思った」「今回、上演中にその人がちゃんと鑑賞できればいいなという思いだった」と振り返った。

キム・ヒョンロク記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • インタビュー:チョ・スンウ、『ジキルとハイド』再出演のワケ

関連ニュース