義務警察服務のペク・ソンヒョン、飲酒運転事故車に同乗

義務警察服務のペク・ソンヒョン、飲酒運転事故車に同乗

 俳優ペク・ソンヒョンが飲酒運転で事故を起こした車に同乗していたことが分かった。

 警察が10日に明らかにしたところによると、同日午前、第1自由路ムンサン方面の自由路分岐点で第1車線を走っていてスリップし、2回転した後、中央分離帯にぶつかった車にペク・ソンヒョンが同乗していたとのことだ。

 事故車を運転していたのはAさん=女性=で、ペク・ソンヒョンは助手席に乗っていたという。警察のアルコール測定の結果、Aさんは血中アルコール濃度0.08%で免許停止に相当する状態であることが分かった。2人は帰宅措置となり、後に事情聴取される予定だ。

 ペク・ソンヒョンは今年1月2日に韓国海軍教育司令部に入隊、海洋義務警察で服務している。

 1994年に映画『私は望む、私に禁じられたことを』で子役デビューしたペク・ソンヒョンは、最近もドラマ『ドクターズ~恋する気持ち』『ボイス~112の奇跡~』などに出演、着実に俳優として活動してきた。除隊予定は2019年12月だ。

キム・ユンジ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 義務警察服務のペク・ソンヒョン、飲酒運転事故車に同乗

関連ニュース