チョ・インソン「故チョン・ダビンさんの弔問に行くのは容易でなかった」

チョ・インソン「故チョン・ダビンさんの弔問に行くのは容易でなかった」

 俳優チョ・インソンが2007年に亡くなった女優チョン・ダビンさんにまつわる思い出を語った。

 8日の『MBCスペシャル』「青春ドキュメンタリー 再び、はたち 第2部」では、かつて大人気を呼んだシチュエーション・コメディー『ニューノンストップ』の出演者たちが16年ぶりに再会した様子が放送された。『ニューノンストップ』は2000年から2002年まで放送されたMBCのシチュエーション・コメディーで、チョ・インソン、イ・ミヌ、チョン・ダビンらが出演した。

 出演者たちは07年にこの世を去ったチョン・ダビンさんの思い出を語り合った。パク・キョンリムは「愛らしくて話し方も行動もかわいい人だった」と振り返った。

 チョン・ダビンさんは『ニューノンストップ』に続いて出演したドラマ『屋根部屋の猫』(03年)で一躍人気女優になったが、07年に26歳で死去した。当時、うつ病を患っていたと報道された。遺書は見つかっていないが、ミニホームページに自身の心の内をさらけ出す文を掲載していた。

 チョ・インソンは「(遺体が安置されている)祭壇に行くのは容易でなかった。とても胸が痛んだ」と重い口を開き、「(チョン・ダビンさんの状況を)あまりにも知らなさすぎたので、自分に行く資格があるのかと思った。それでも、向かっている最中に『(別れの)あいさつはしなければ』という気持ちになって、行った記憶がある」と説明した。

 チョン・ダビンさんと親しかったチョン・テウは「『まさか、そんなバカな』という思いが最初によぎった」と、亡くなったことが信じられなかったことを告白した。キム・ジョンファはチョン・ダビンさんのことを思い出しながら涙をこぼす仲間たちを慰めた。

チョン・シネ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • チョ・インソン「故チョン・ダビンさんの弔問に行くのは容易でなかった」

関連ニュース