防弾少年団、秋元康氏の作詞曲を新シングルから外す

防弾少年団、秋元康氏の作詞曲を新シングルから外す

「申し訳ありません」と謝罪

 男性アイドルグループ防弾少年団(BTS)の所属事務所BigHitエンターテインメントが、日本の女性アイドルグループAKB48などのプロデューサーで、作詞家でもある秋元康氏と行う予定だったコラボレーションを中止することを決めた。

 BigHitエンターテインメントは16日、公式ファン掲示板で、「11月発売予定の防弾少年団の日本でのシングル収録曲は制作上の理由から変更されます。ご不便をお掛けして申し訳ありません」と告知した。

 この告知によると、11月7日に日本でリリースされる予定だった防弾少年団のニュー・シングルから「Bird」という曲が外され、「IDOL」のリミックスバージョンが追加されるとのことだ。

 日本のメディアは先日、防弾少年団が秋元康氏の作詞による「Bird」という曲をニュー・シングルに収録すると報じていた。

 しかし、これに対し、防弾少年団のファンらが秋元康氏の右翼的な傾向や女性蔑視(べっし)問題などを理由に、コラボレーション中止を要求して注目されていた。

ユン・サングン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 防弾少年団、秋元康氏の作詞曲を新シングルから外す

関連ニュース