徴兵:チャン・グンソクが双極性障害を公表したワケ

徴兵:チャン・グンソクが双極性障害を公表したワケ

 俳優チャン・グンソク側が「双極性障害(躁うつ病)」により4級兵役判定を受けたことについて詳細を語った。

 10日放送の『本格芸能一夜』(SBS)では、チャン・グンソクの入隊に関して伝えられた。

 チャン・グンソクの所属事務所はこれに先立ち、チャン・グンソクは2011年に双極性障害と診断され、4級兵役判定を受け、社会服務要員(旧・公益勤務要員、兵役の代わりに公的機関で働く)として服務することになったと説明。

 チャン・グンソクの所属事務所はこの日、『本格芸能一夜』とのインタビューで「とにかく大変なことがたくさんあった。その裏では我慢しながら治療を受け、打ち勝とうとした。病気が治るまで数年間活動を休みたいと本人が訴えたこともある」と打ち明けた。

 特にチャン・グンソクが双極性障害について告白したことについて「いずれにせよ本人の恥部とも言える問題であり、それを知らせたり、そぶりを見せたりしたくはなかった。しかし、軍隊の問題について気になっている皆さんに、この問題についてはっきりお答えするのが礼儀だと思った」と語った。

 これについてある専門医は「過去には躁うつ病と呼ばれていた。発病率は全人口の1、2%ほどなので、よくある病とは言えない」とコメントした。

キム・ミンジョン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 徴兵:チャン・グンソクが双極性障害を公表したワケ

関連ニュース