『ただ愛する仲』2PMジュノ、「人生最高の作品になれば」と意欲

『ただ愛する仲』2PMジュノ、「人生最高の作品になれば」と意欲

 2PMのジュノが、今回の出演作を人生最高のドラマにしたいという意欲を見せた。

 6日午後、タイムスクエア(ソウル市永登浦区)のアモリス・ホールで総合編成チャンネルJTBCの新月火ドラマ『ただ愛する仲』の制作発表会が開かれ、出席したイ・ジュノがこのように語った。

 ジュノはこの日、「監督さんや脚本家さん、共演する俳優で集まってする話は、このドラマは視聴率とは関係なく、表現したい演技をきちんとやって、いい作品をうまく作ろうというもの」と説明した。

 このドラマでジュノは、どん底の人生を生きる、荒っぽいが芯はしっかりした下町の若者イ・ガンドゥを演じる。

 ジュノは「この作品がテレビで放送されるだけでも感謝すべきことのように感じる。人生最高のドラマという言葉が、皆さんの心に響けばいいと思う。みんな心を尽くして演技している」と付け加えた。

イム・ジュヒョン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 『ただ愛する仲』2PMジュノ、「人生最高の作品になれば」と意欲

関連ニュース