防弾少年団のソウルCMソング、アクセス殺到でサーバーダウン

防弾少年団のソウルCMソング、アクセス殺到でサーバーダウン

 防弾少年団が6日、韓国の首都ソウルをPRする広報ソング「WITH SEOUL」を歌い、音源を無料で公開した。これを受けて世界中のファンが殺到し、ソウル市の観光ホームページのサーバーが瞬く間にダウンするという騒ぎが起きた。

 6日にソウル市が明らかにしたところによると、防弾少年団が歌うソウルのPRソング「WITH SEOUL」が、同日正午からソウル市の観光ホームページで無料公開された。  しかし、公開と同時に防弾少年団のファンが一斉にホームページに殺到し、数分も経たないうちにサーバーがダウンした。午後3時現在、ホームページは依然としてアクセスできない状態だ。

 ソウル市は「今回のソウルソング『WITH SEOUL』の制作は、韓国内外の若いファンが親しみやすいアプローチで、若者が躍動する都市ソウルをPRしようと、ソウル市が防弾少年団側に提案して実現した」と説明した。

 なお、同曲の音源は誰でも無料でダウンロードでき、ミュージックビデオは13日から動画サイト「ユーチューブ」のソウル市公式アカウントで視聴できる。

キム・ミンジョン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 防弾少年団のソウルCMソング、アクセス殺到でサーバーダウン

関連ニュース