「韓流ブーム再燃」なるか 日本人のハートさらったTWICE

「韓流ブーム再燃」なるか 日本人のハートさらったTWICE

 9人組女性アイドルグループTWICE(トゥワイス)はその名の通り、このところほかの女性アイドルグループの2倍以上活躍している。少女時代やSISTARなど、ほとんどの女性アイドルグループが活動停止したり解散したりしている中、TWICEは昨年、韓国最大の音楽配信サイト「Melon」で年間チャート1位になった。デジタル音楽配信市場では毎日1位が変わるのが普通だが、今年リリースした新曲「SIGNAL」などはなんと3週間以上も1位にとどまり続けた。TWICEは日本でも1位になった。今年6月にリリースした日本デビューアルバムは月間チャート2位を記録して27万枚売れた。10月18日にリリースしたシングル「One More Time」は1週間で20万枚以上を売り上げ、オリコンデイリーランキング1位に立った。10月30日、韓国で初めてのオリジナルアルバムをリリースし、ソウル市広津区の「YES 24」ライブホールでショーケースライブを開くと、日本人ファン数百人が集まった。

■消えつつあった日本国内の韓流ブーム再燃なるか


 「歌にダンス、そしてルックス。あらゆる面で完成度が高いと思う」

 先日、東京・渋谷駅前で会ったイチカワ・ユリさん(18)は「TWICEの圧倒的な実力が好き」と言った。ユリさんは友達2人と一緒にTWICEの歌を聞きながらダンスをした。ユリさんたちは「最近、東京のダンスグループが一番よく踊るのがTWICEの曲だと思う」と口をそろえた。今月24日から日本での屋外広告費が最も高いファッション・ビル「渋谷109」には特大のTWICEの写真が出ている。ハロウィンでにぎわう時期に渋谷109ではTWICEをモデルに起用、プロモーションを行っているのだ。渋谷駅近くではTWICEのラッピングバスが走っていた。

 動画共有サイト「ユーチューブ」で、日本におけるこの2年間のTWICE関連動画再生回数は約3億8600万回に達した。TWICEがよく着るテニスウエアのスコートをはくのが日本の10-20代女性の間で「韓国風」とされて流行している。2012年に李明博(イ・ミョンバク)元大統領が独島(日本名:竹島)に上陸したことに日本の各放送局が反発、韓国芸能人の出演を拒否して以降、急速に冷え込んだ日本国内の韓流ブームが、TWICEを中心に復活する兆しを見せている。

権承俊(クォン・スンジュン)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 「韓流ブーム再燃」なるか 日本人のハートさらったTWICE
  • 「韓流ブーム再燃」なるか 日本人のハートさらったTWICE

関連ニュース