興行成績:マ・ドンソク主演『ブラザー』100万人突破

興行成績:マ・ドンソク主演『ブラザー』100万人突破

 マ・ドンソク主演の映画『ブラザー』が公開から9日めにして観客動員数100万人を突破した。

 『ブラザー』は10日に観客6万260人を動員し、興行成績ランキング3位に入った(11日、映画振興委員会・映画館入場券統合ネットワーク調べ)。通算観客動員数は103万5416人だ。

 今月2日に公開された『ブラザー』は、マ・ドンソクをはじめイ・ドンフィ、イ・ハニらが出演している。同作は公開初日に続き、7日、8日にも『マイティ・ソー バトルロイヤル』を抑え興行成績ランキング首位に立つなど、観客からよい反応を得ている。

 それだけではなく、『ミオク』や『支度』など新作映画が続々登場している中、コツコツと観客を集め、100万人突破を成し遂げた。

 なお、この日興行成績ランキング1位だったのは、観客7万9046人を動員した『マイティ・ソー バトルロイヤル』。続いて『ハッピー・デス・デイ』が7万3194人で2位だった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 興行成績:マ・ドンソク主演『ブラザー』100万人突破

関連ニュース