イ・ビョンホン、脚本家キム・ウンスクと初タッグ

イ・ビョンホン、脚本家キム・ウンスクと初タッグ

 俳優イ・ビョンホンが、脚本家キム・ウンスクとの作業に期待を示した。

 イ・ビョンホンは来年ドラマに出演する。実に9年ぶりのことだ。イ・ビョンホンが9年前に出演した『IRIS -アイリス-』は平均視聴率28.4%(ニールセン・コリア調べ)をマークし、スパイドラマの新たな地平を開いたと評されている。

 『IRIS -アイリス-』の次にイ・ビョンホンが選んだドラマは、キム・ウンスクが手掛ける新作『ミスター・サンシャイン』(tvN)。同作は、辛未洋擾(=しんみようじょう。1871年の米国艦隊による朝鮮攻撃)のとき軍艦に乗り組んでいて米国に行き着いた一人の少年が、米国軍人となって祖国・朝鮮に戻り、そこで繰り広げられる義兵たちの物語だという。イ・ビョンホンとキム・ウンスクがタッグを組む上、キム・テリ、ユ・ヨンソク、ピョン・ヨハン、チョ・ウジンなどこれまで発表されたキャスティングだけでも、来年上半期最高の期待作と言えるだろう。

 「率直に申し上げると、脚本家キム・ウンスクさんのことはよく知りません」

 イ・ビョンホンはこう言って笑った。これまでしばらくの間、イ・ビョンホンは映画に力を注いでいた。『IRIS -アイリス-』自体も久々のドラマ出演で、2000年以降はイ・ビョンホンのドラマ出演そのものが多くない。キム・ウンスクは2000年代初めに『太陽の南 -愛と復讐の果て-』でデビューし、『パリの恋人』や『オンエアー』などの作品で頭角を現したが、これまで二人の接点はなかった。イ・ビョンホンがキム・ウンスクを知らないと言ったのも無理はない。

 だが、今回脚本を手掛けたのがキム・ウンスクだったことで、イ・ビョンホンにドラマ復帰を打診することができた。イ・ビョンホンは映画界からのラブコールが絶えない俳優で、特定のジャンルに偏ることなく、さまざまな作品・配役で卓越したフィルモグラフィーを積み重ねている。実のところ、イ・ビョンホンがドラマに目を向ける理由はない。

パク・ミエ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • イ・ビョンホン、脚本家キム・ウンスクと初タッグ

関連ニュース