釜山映画祭にチャン・ドンゴンらスター 日本からも多数

【ソウル聯合ニュース】第22回釜山国際映画祭(BIFF)が韓国南部の釜山で12日から21日まで開催される。韓国の俳優チャン・ドンゴンやイ・ジェフンの参加が確定したほか、同映画祭でおなじみの日本の監督と役者も多数訪れ最新作を紹介する。

 8月に「V.I.P.」(以下原題)が公開されたチャン・ドンゴンは13日、「朴烈」「アイ・キャン・スピーク」主演のイ・ジェフンは14日に、海雲台の野外ステージでオープントークに出席する。「女優は今日も」の主演と監督を務めた女優ムン・ソリは、中山美穂と共にオープントークに登場する予定だ。

 野外ステージでは今年のオープニング作「ガラスの庭園」のシン・スウォン監督とムン・グニョン、キム・テフンら出演者が映画ファンにあいさつする。「犠牲復活者」のクァク・ギョンテク監督、キム・レウォン、キム・ヘスク、チョン・ヘジンは開幕式のレッドカーペットに続き、野外ステージに立つ。このほど封切られた「南漢山城」の出演者も登場予定だ。

 日本からは「三度目の殺人」がガラプレゼンテーションに招待された是枝裕和監督らが訪れる。河瀨直美監督は「光」、黒沢清監督は「散歩する侵略者」がアジア映画の窓部門に招待された。

 同部門の「彼女がその名を知らない鳥たち」から蒼井優、「リングサイド・ストーリー」から瑛太が訪れる予定。オープンシネマ部門招待作「君の膵臓をたべたい」の月川翔監督と主演の浜辺美波の参加も確定した。

 また、ダーレン・アロノフスキー監督が「マザー!」、ジョン・ウー監督が「追捕 MANHUNT」を引っさげ、初めて釜山を訪れる。

 米ハリウッドの巨匠、オリバー・ストーン監督はコンペティション部門であるニューカレンツの審査委員長を務める。 

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース