ソ・ユリ、バセドー病の完治を報告

ソ・ユリ、バセドー病の完治を報告

 ソ・ユリが、バセドー病完治のニュースを伝えた。

 ソ・ユリは今月2日、ツイッターに「私はすっかり治ったけど、お祝いはちょっとで」と書き込んだ。写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」では、健康になった姿を自撮りで公開した。

 ソ・ユリは昨年、「2カ月前に甲状腺亢進症-バセドー病と診断されたけど病院に行く時間がなくて、本格的な治療を始めて1カ月になった」と、バセドー病にかかっていることを明らかにした。

 さらに「バセドー病には眼球突出の症状まで伴うケースが多く、私もまたその症状が伴っていて、精密検査を受けて眼球突出の治療も並行して受けている」と伝え、周囲が心配していた。

 ソ・ユリがかかっているバセドー病は、甲状腺機能亢進症の原因としては最も一般的な疾患。甲状腺機能亢進症とは、甲状腺から分泌されるホルモン(T3およびT4)が何らかの原因によって過剰になり、甲状腺中毒症を引き起こしている状態をいう。

チャン・ウンギョン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • ソ・ユリ、バセドー病の完治を報告

関連ニュース