韓国映画「南漢山城」で開幕 ロンドン東アジア映画祭

【ソウル聯合ニュース】人気俳優のイ・ビョンホン、キム・ユンソク、パク・ヘイル、コ・スらが出演する韓国映画「南漢山城」(原題)が、ロンドン東アジア映画祭のオープニング作品に選ばれ、10月19日の開幕式で上映される。

 同作は朝鮮王朝時代の1636年、清による朝鮮侵入を受けて南漢山城に逃れた王と家臣らが孤立無援の状況で過ごした47日間の物語を描く。韓国では10月3日に公開される。

 今年の映画祭には「朴烈」(以下原題)、「軍艦島」「ザ・テーブル」「夢のジェーン」など18編の韓国映画が招待された。

 日本映画は黒沢清監督の「散歩する侵略者」、北野武監督の「アウトレイジ 最終章」などが上映される。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース