ユン・ヒョンジンSBSアナ実弟、脊髄がん乗り越えドラマ復帰

ユン・ヒョンジンSBSアナ実弟、脊髄がん乗り越えドラマ復帰

 俳優ユン・ジョンファががんを乗り越えてテレビドラマで復帰を果たした。

 ユン・ジョンファは2015年、脊髄(せきずい)がんと診断されて手術を受けた。所属事務所は当時、「ユン・ジョンファは病院で脊髄がんと診断され、すぐに手術を受けた。手術は成功した」と発表した。

 ユン・ジョンファは手術後、放射線治療を受けて治療に専念、昨年完治した。そして、このほどMBCの週末ドラマ『あなたはあんまりです』で俳優復帰を果たした。

 ユン・ジョンファは2005年のMBCドラマ『愛の賛歌』でデビュー、『メイクイーン』『王女の男』などに出演した。実の姉はSBSのユン・ヒョンジン・アナウンサーだ。

チェ・ソングン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • ユン・ヒョンジンSBSアナ実弟、脊髄がん乗り越えドラマ復帰

関連ニュース