少女時代に圧勝したWanna One、分かれる明暗

少女時代に圧勝したWanna One、分かれる明暗

リード曲は七つのアルバムチャートで1位、少女時代はトップ10入りも困難
テレビ局を持つCJ E&Mがプロデュース、忠誠度の高いファン層も人気の一因

 デジタルアルバムチャートで片や44位、片や1位(8月8日付Melonチャート、午後6時現在)。公演の集客数は片や3000人、片や2万人。これは、デビュー10周年を迎えたガールズグループ少女時代とデビュー2日目のボーイズグループWanna Oneが8月8日に受け取った成績表だ。少女時代は8月5日にデビュー10周年を迎え、6枚目のフルアルバムを発売したが、リード曲「Holiday」は韓国国内の七つのデジタルアルバムチャートでトップ10入りするのも困難な状況だ。公演仕立てのデビュー10周年記念ファンミーティングも、ソウル・オリンピック公園にある3000席のオリンピックホールで開催。その二日後の8月7日に正式デビューしたWanna Oneのリード曲「Energetic」は、七つのアルバムチャートで首位をさらった。同じく8月7日にソウル・高尺ドームで開催したデビューコンサートでは、2万席がぎっしり埋まった。K-POPを代表するスターの少女時代が、はるかに後輩のアイドルに押されている格好だ。

■ファン層がしっかりしているボーイズグループが優勢

 「きょう午後6時総攻です。みんな準備してください」。Wanna Oneのファンカフェ(ファンたちが運営するサイト)などでは、7日午前からこんな告知が出回った。午後6時にデビューアルバムが各デジタルアルバムサイトで公開され次第1位にするため、ファンが組織的に行動するということだ。総攻とは総攻撃の略で、自分が応援するアイドルの曲をアルバムチャートのトップに押し上げるため、複数のアカウントを動員して楽曲をストリーミングしたり、検索ワードを大量に入力してリアルタイム検索順位を上げたりすることを指す隠語だ。

 ファンの努力のおかげで、Wanna Oneのアルバムは登場するなり七つのチャートで首位を達成したのはもちろん、Melonチャートではアルバムに収録された4曲が全て10位内に入った。1位を取ったリード曲「Energetic」は、わずか1時間でおよそ9万8000人(Melon基準)が聴いた。Melonの関係者は「ガールズグループに比べ、ボーイズグループのファン層は忠誠度がはるかに高いので、アルバム発売後の序盤の『火力戦』では、少女時代といえどもデビューしたてのWanna Oneに押されるほかない」と語った。

クォン・スンジュン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 少女時代に圧勝したWanna One、分かれる明暗

関連ニュース