インタビュー:ソ・ジョンヒ「偽りの城に閉じ込められていた」

ソ・セウォンと離婚後、毎日書いた日記を出版
「『エレベーター暴行事件』が発覚して目が覚めた」

インタビュー:ソ・ジョンヒ「偽りの城に閉じ込められていた」

 2014年5月10日はソ・ジョンヒ(55)の人生が大きく変わった日だ。それまでは人気お笑いタレント、ソ・セウォン(61)の妻で、トップモデルとして生きてきた。彼女は番組で主婦としての日常生活や幸せについて語り、それを書きつづった本も5冊出版していた。ところがこの日、自宅エレベーターに取り付けられていた防犯カメラ映像のソ・ジョンヒは、これまで本や番組で語っていた状況とは全く違うものだった。マスコミに公開された映像のソ・ジョンヒは、無惨にもソ・セウォンに暴力を振るわれていた。声一つ出せないまま、夫に暴力を振るわれていたのだ。後に、ソ・ジョンヒは「私の30年間の結婚生活は完ぺきさを装った芝居であり、それまで事実を口にできなかったほど苦痛に耐えていた」と認めた。15年8月、彼女は長期間にわたる訴訟の末、協議離婚した。

 今月初めソ・ジョンヒは新たに本を出版した。タイトルは『ジョンヒ』(アルテ発行)だ。漢字で書けば『貞姫』。つまり、自身の名前を冠したこの本には離婚後、京畿道南楊州市内のマンションで実母と一緒に暮らしながら日常を取り戻したことや、カウンセリング治療を受けて向き合った子どものころの心の傷、息をつくこともできなかった結婚生活の闇から抜け出したいと考えていた1人の女性の告白が詰まっている。先月9日にソウル市江南区内のカフェで会ったソ・ジョンヒは「あの件があってから、毎朝早く起きて日記を書きました。この本は、その日記から選びに選んで出版したもの」と言った。その口元はかさついていた。

■私は偽りの城に閉じ込められていた

-本のタイトルをあえて『ジョンヒ』としたのは、芝居のような結婚で忘れていた自分を取り戻して生きるという意味ですか?

「そうです。それまで自分が誰なのか分からずに生きてきたので、これからは分かっていなければと思って。もうこれ以上、他人や環境を言い訳にしないで、自分の名前で生きていくという意味でもあります」

-それでは、これまではどんな言い訳を付けながら自分自身を見つめることを避けてきたのですか?

「『あなたは結婚した女なのよ』です。『夫が、子がいるのよ』って。『誰が何と言おうと家庭があるんだから、それを守って生きなければならないのよ』って。『それを望んでいようと、いまいと、家庭を作ったのだから最後まで壊さないように生きなければならない』と信じていました。おそらく、あの事件(エレベーターでの暴行)がなければ、私は今でもそのように生きていたでしょう」

-お子さん2人が既に成人しているのにですか?

「以前は、その事実から目をそらしていました。逆説的ですが、エレベーター事件、あの最悪の日のおかげで目が覚めたのです。実は、すぐにあの城から抜け出すことができたはずだということに気付いたのです。そこから出れば、こんなにも思いっきり、楽に呼吸して生きられるということに…」

 高校3年生だった1980年の冬。米国で暮らしていた叔母から移民の誘いが来た。学校を退学してソウル市鍾路区にあった英語学校に入った。授業を終えて友人と道を歩いていた時、ある男が「私は写真家だ。モデルをしてみる気はない?」と言ってきた。軽い気持ちでスタジオに行って撮影に臨んだ。初めて受けた化粧品の広告写真のオーディションは落ちたが、その後すぐにある菓子メーカーの広告モデルに選ばれた。その広告撮影現場で会った男性モデルがソ・セウォンだった。撮影のため訪れた済州島で彼に性的暴行を受けた。彼はソ・ジョンヒの母親のもとを訪れて「ジョンヒと暮らしたい」と言った。3年間の同棲生活に続いて32年間の結婚生活の始まりだった。

宋恵真(ソン・ヘジン)記者
前のページ 1 | 2 | 3 | 4 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • インタビュー:ソ・ジョンヒ「偽りの城に閉じ込められていた」

関連ニュース