視聴率:『死んでこそ生きる男』自己最高更新12.9%

『マンホール』不振2%台

視聴率:『死んでこそ生きる男』自己最高更新12.9%

 チェ・ミンス主演『死んでこそ生きる男』(MBC)が自己最高視聴率を再び更新した一方、JYJジェジュン&元AFTERSCHOOLユイ出演『マンホール-不思議の国のピル』(KBS第2)は視聴率を2%台にまで落とした。

 10日に放送された『死んでこそ生きる男』の全国視聴率は第15話が11.1%、第16話が12.9%を記録した(11日、ニールセン・コリア調べ、以下同じ)。

 これは、前回9日放送分で出した第13話8.0%、第14話11.2%を上回る自己最高視聴率だ。

 一方、同時間帯に放送された『マンホール-不思議の国のピル』第2話は第1話を下回る2.8%だった。

 もう一つの水木ドラマ『まためぐり会えた世界』(SBS)は第15話が6.2%、第16話が7.0%で、前回放送分よりも小幅アップした。

◆韓国ドラマポスターギャラリー

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 視聴率:『死んでこそ生きる男』自己最高更新12.9%

関連ニュース