チョウセンゴミシに梅、夏にピッタリのお茶はコレ!

 夏は高い気温と湿度の影響で心身ともに疲れやすい季節だ。喉の渇きを癒し、体を冷やして体温の調節に役立つ効能を持ったお茶を飲んだり、食中毒を防ぐ殺菌作用があるお茶を飲むのがいい。

チョウセンゴミシに梅、夏にピッタリのお茶はコレ!

◆チョウセンゴミシ茶

 チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)は甘味、酸味、辛み、苦味、塩味を持つとされ、その名が付いた。チョウセンゴミシは夏バテしたり、疲れたときに飲むと喉の渇きを癒すことができるので、夏に沸かして飲むといい。ほのかな味わいのお茶ではなく、口の中で五つの味の饗宴が楽しめる。

◆ペパーミントティー

 ペパーミントは清涼感があり、胃腸の働きを助け脂肪を燃焼する効果が期待できる。

◆キバナオギ茶

 キバナオギは、汗をかきやすい人にピッタリだ。また、慢性疲労の回復に効果がある。キバナオギとシナモンを一緒に沸かして飲むと、便秘の改善にも効果的だ。

◆クズ茶

 クズは熱を下げる効果があり、気を高め、冷房病の症状改善に効果があるという。また、植物性エストロゲンが豊富で、更年期の女性にとって強い味方だ。

◆梅茶

 梅は疲労回復に効果があり、食欲増進にも効果的。解毒作用、殺菌作用があり、食中毒を予防し、整腸作用で下痢や便秘を改善してくれる。また、梅にはクエン酸など有機酸が豊富に含まれており、口臭予防効果もある。

◆麦茶

 麦には体の熱を下げる効果があり、体温調節機能保全に効果的だ。

◆ソバ茶

 ソバ茶には体を冷やす効能があり、夏にピッタリだ。沸かしたソバ茶を冷やして飲めば、熱帯夜の睡眠対策に役立つ。そのほか、ポリフェノールの一種であるルチンが含まれており、高血圧の予防に効果的で、動脈硬化を予防する効果もある。

イム・ソミン記者 , コ・イジョン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース