ポン・ジュノ監督の新作『オクジャ』、公開前から鋭い論争

NETFLIXが56億円を投じた話題作
韓国では映画館・オンライン同時公開だが……ほとんどの国ではNETFLIX独占上映

ポン・ジュノ監督の新作『オクジャ』、公開前から鋭い論争

「焼けたフライパンに載せられた魚みたいに、怖くもありますよ」

 5月15日、ソウル・光化門にあるホテルの会見場にて。ポン・ジュノ監督(47)は、新作映画『オクジャ』の公開(韓国では6月29日)に先立ち、およそ300人の取材陣の前でこのように語った。『スノーピアサー』以来およそ4年ぶりにポン監督が演出を手掛けた映画『オクジャ』は、ホン・サンス監督の『その後』と共に、5月17日にフランスで開幕するカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。

 ポン監督は「純真無垢で繊細、デリケートな趣向を持つ世界の映画人がみんな集まり、新作をめぐって夜通し討論を繰り広げるフランスの田舎町がカンヌ。評価に疲れた審査委員に、楽しい2時間を保証するだろうという確信はある」と語った。今年の映画祭には、パク・チャヌク監督(53)が審査委員として参加している。

 ポン監督の『オクジャ』は、米国の動画サービス最大手「NETFLIX」が5000万ドル(現在のレートで約56億円)という破格の予算を投じて作った映画として話題になった。映画『セブン』や『ミッドナイト・イン・パリ』、『愛、アムール』などを撮ったダリウス・コンジが撮影監督を務め、ティルダ・スウィントン、ジェイク・ギレンホールといった有名俳優が出演した。

 15日の会見に一緒に出席したNETFLIXのテッド・サランドス最高コンテンツ責任者(CCO)は「ポン監督は世界の映画界の巨匠(master)で、彼と一緒に仕事をしている間は、本当に夢を見ているようだった」と語った。同作の共同制作者でブラッド・ピットが共同代表を務める「プランB」の映画プロデューサー、ジェレミー・クライナーは「ブラッド・ピットと一緒のポン監督の過去の作品を見て、ストーカーなみのレベルでポン監督を尊敬している」と語った。

 15日の会見では、1分ほどの予告編と編集作業日誌だけが事前公開された。映画の予告編などによると、『オクジャ』とは、ブタとカバを合わせたような巨大な動物の名前だ。江原道の山奥で少女「ミジャ」(アン・ソヒョン)がオクジャを助けて一緒に暮らすが、多国籍大企業のCEO「ルーシー・ミランド」(ティルダ・スウィントン)がオクジャを奪い、ニューヨークに連れていった。同作は、オクジャを取り戻そうとするミジャのニューヨーク冒険物語であると同時に、ヒトと動物の愛を描いたロマンスでもある。ポン監督は「私が初めて作った『ラブストーリー』で、少女と動物の愛の物語」と語った。

キム・ソンヒョン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • ポン・ジュノ監督の新作『オクジャ』、公開前から鋭い論争

関連ニュース