ナムグン・ミンがヨン様のそっくりさんから「コミック神」になるまで

最高視聴率17.5%…ドラマ『師任堂』を抑えた『キム課長』のナムグン・ミン

愉快・繊細な演技でヒットをけん引、これまではもっぱら助演…しっかりと実力を積む
「一度に浮き上がれない劣等感が自分の強み」

ナムグン・ミンがヨン様のそっくりさんから「コミック神」になるまで

 俳優ナムグン・ミンが、女優イ・ヨンエを負かすとは。水木ドラマの視聴率競争で、ナムグン・ミン(38)主演の『キム課長』(KBS2)が、13年ぶりにテレビドラマ復帰を果たした「韓流の女神」イ・ヨンエの『師任堂 色の日記』(SBS)を抑え、勝勢を確実にした。

 第2話までは視聴率9.1ポイント差(ニールセン・コリア調べ、以下同じ)で後れを取っていた『キム課長』は、第4話で1.5ポイント差をつけて逆転に成功、その後も差を広げ続けている。今月16日に放送された『キム課長』第8話は、視聴率17.5%をマークして自己最高を更新した一方、『師任堂』第8話は10.3%にとどまった。際立ったスターのいない会社暮らしコメディが、製作費200億ウォン(現在のレートで約19億7000万円)を投じた大作を破ったのだ。

 『キム課長』は、痛快なストーリーや助演陣のしっかりした演技はもちろんだが、ジム・キャリーを彷彿とさせるナムグン・ミンのコミカルな演技が最大の人気要因に挙げられる。1発大きく「かすめ取る」ため大企業に入社した会社員を演じるナムグン・ミンは、厚かましいが憎めない役を愉快に、かつ繊細にこなした。アドリブに秀でた「コミック神」という別名まで付いた。

 今作で初めて単独主演を務めるナムグン・ミンは、もともとキャスティングでトップに挙げられてはいなかったという。チャ・テヒョンなどスター級の男性俳優が多数候補に挙がったが、キャスティングは難航し、番組編成そのものがずれこんだこともあった。ナムグン・ミンは、一つずつ順に段階を踏んで上ってきた、大器晩成タイプの俳優だ。中央大学機械工学科出身で、校長を務めた父親の反対を押し切り、演技の授業もきちんと受けたことがないまま、がむしゃらにオーディションを受けて回ったという。

 SBSのシチュエーション・コメディ『大当たり家族』(2002)でデビューしたナムグン・ミンの別名は「リトル・ペ・ヨンジュン」。日本のテレビ局や雑誌社から代役インタビューの要請を受けたほどに、人のよさそうなほほ笑みが似ていた。自分だけの特色を探して髪型を変え、眼鏡も外した。

チェ・スヒョン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • ナムグン・ミンがヨン様のそっくりさんから「コミック神」になるまで
  • ナムグン・ミンがヨン様のそっくりさんから「コミック神」になるまで
  • ナムグン・ミンがヨン様のそっくりさんから「コミック神」になるまで
  • ナムグン・ミンがヨン様のそっくりさんから「コミック神」になるまで
  • ナムグン・ミンがヨン様のそっくりさんから「コミック神」になるまで

関連ニュース