リュ・スンワン監督、産経新聞の記事に反論=『軍艦島』

リュ・スンワン監督、産経新聞の記事に反論=『軍艦島』

 朝鮮人の強制徴用が行われていた長崎の端島炭鉱(軍艦島)を舞台にした映画『軍艦島』をめぐり、その内容が「事実と異なる」と産経新聞が1面トップ記事で報じたことを受け、リュ・スンワン監督が反論した。

 リュ監督は8日に放送された『イブニングニュース』(MBC)で「『少年坑夫など存在しなかった』と言うが、われわれが取材した方たちがいる。当時成人していたら今まで生存しているはずがないだろう。多くの証言や歴史的事実を基盤とした資料がある」と語った。また「(端島が)世界文化遺産に登録されたという見かけの結果ではなく、それが持っている歴史について多くの人たちが知るべきではないか。明るい面と暗い面、その両方をあらわにしたとき初めて、文化遺産として価値があるのではないか。そうした側面から、産経新聞の報道は残念だ。過去の歴史が明らかになればなるほど不利になるため、そんな主張をするのではないかと思う」と話した。

 産経新聞はこれに先立ち、韓国映画・絵本が強制徴用の少年炭鉱員を捏造(ねつぞう)したとして、『軍艦島』を批判した。同紙は、強制徴用された朝鮮人少年坑夫はいなかったとし、端島の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産への登録に反対する一環でこの映画は制作されたと主張している。

 なお『軍艦島』は、日本による強制占領期に軍艦島に強制徴用された朝鮮人たちが命懸けで脱出を試みるという内容で、今夏公開予定。映画『ベルリンファイル』や『ベテラン』などを手掛けたリュ・スンワン監督の新作で、ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンらが出演した同作は制作費およそ200億ウォン(約20億円)が投じられた大作であり、期待を集めている。

パク・ミエ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • リュ・スンワン監督、産経新聞の記事に反論=『軍艦島』

関連ニュース