安重根の顔が分からなかったAOA、ステージで涙の謝罪

AOA
安重根の顔が分からなかったAOA、ステージで涙の謝罪

 ソウル市広津区のYES24ライブホールで16日午後3時、AOA4枚目のミニアルバム「Good Luck」の先行公演が行われた。AOAが最近幾つかの「物議」を醸していることから、この日の先行公演には一層関心が集まった。

 AOAの一部のメンバーは最近、あるテレビ番組で安重根(アン・ジュングン)など独立運動家の名前をきちんと答えられず、茶化して物議を醸した。また「Good Luck」の最終公開ミュージックビデオも、日本の自動車メーカーの間接広告(PPL)がひどいと非難を浴び、現在はメーカーのロゴなどが消されている。

 この日は、質疑応答時間を前にリーダーのジミンが代表として「お越しくださって感謝します。ほんの1年でのカムバックということでぴりぴりしていましたが、カムバック前によくない事件で多くの方を失望させてしまい、申し訳ありません。これから最善を尽くして、いい姿をお見せできるよう努力したい」と語った。

 話の途中、ジミンは感情をたかぶらせ、涙を見せたこともあった。

 ソルヒョンも、この日は最後まで涙を見せていた。ソルヒョンは同日最後のあいさつを伝えた後、声を詰まらせのか、言葉が続かなかった。ソルヒョンは涙を流し「これからは慎重に処していきたい」と誓った。

ムン・ワンシク記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 安重根の顔が分からなかったAOA、ステージで涙の謝罪
  • 安重根の顔が分からなかったAOA、ステージで涙の謝罪