詐欺チェ・ホンマン、懲役1年・執行猶予2年求刑

詐欺チェ・ホンマン、懲役1年・執行猶予2年求刑

 知人から1200万円余りを借り、これを返さなかったとして、詐欺容疑で起訴された格闘家のチェ・ホンマン被告(35)。チェ被告は原告とすでに和解しているが、検察は詐欺の疑いでチェ被告を起訴した。17日、ソウル東部地方裁判所で結審公判が行われ、検察は懲役1年、執行猶予2年を求刑した。

 この日、法廷に立ったチェ被告は「申し訳ありませんでした」と反省する姿勢を示した。次回の公判は来年1月14日の予定だ。

ユン・サングン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 詐欺チェ・ホンマン、懲役1年・執行猶予2年求刑