「信じていた人に傷付けられた」 ジェシカが心境告白

事務所は沈黙

 人気アイドルグループ少女時代のジェシカがグループを脱退させられたと告白、現在の心境を打ち明けた。

 ジェシカは30日午前5時ごろ、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」の自身のアカウントに「会社と8人からきょう付けで、私はもう少女時代のメンバーではないという通告を受けました。不当な理由でこのような通告を受け、非常に戸惑っています」という書き込みをハングルと英文で掲載した。

 ジェシカはまた、微博掲載記事のコメント欄で「皆さんは私が愛する特別な方々です。だから私の真実を知る価値があります」「私は深い悲しみを感じ、自分が信じていた人たちに傷付けられました。皆さんはこのように傷付けられることがないように願っています」とし、突然のことに驚くファンへの配慮を見せた。

 少女時代のジェシカを除くメンバー8人はこの日、中国でファンミーティングを行うため仁川国際空港に姿を現した。また、所属事務所SMエンターテインメントは現在まで正式なコメントを発表しておらず、ジェシカ脱退説をめぐり憶測が飛び交っている。

チョ・シネ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • ▲写真=ジェシカの「微博」より