交通事故でLADIES’ CODEメンバー1人死亡、1人重体

在日メンバーのリセは重体で脳手術
雨の高速道路でタイヤ外れ壁に激突

交通事故でLADIES’ CODEメンバー1人死亡、1人重体

 3日午前1時25分ごろ、京畿道竜仁市の嶺東高速道路で、韓国の5人組ガールズグループLADIES’ CODEの乗った車が路肩の防護壁に激突し、メンバーのコ・ウンビさん(21)が死亡、クォン・リセさん(23)とイ・ソジョンさん(21)が大けがを負った。リセさんは頭部を激しく損傷し、病院で脳の手術を受けたが重体だという。

 事故が起きたのは嶺東高速道路の仁川方向の新葛ジャンクション(竜仁市器興区)付近。メンバーの乗った現代自「グランド スターレックス」が防護壁に激突した。車には7人が乗っており、残りのメンバー2人と、運転していたマネージャー、スタイリストは軽傷。

 LADIES’ CODEの所属事務所「ポラリス・エンターテインメント」は「大邱でのスケジュールを終えてソウルに移動する途中、後輪が外れて車が何度か回転し、ガードレールにぶつかったと聞いている」と説明した。LADIES’ CODEは大邱でKBS第1放送の音楽番組『開かれた音楽会』の収録に臨み、ソウルに戻るところだったという。

 警察は事故の原因について、タイヤが外れてから衝突したのか、衝突の衝撃でタイヤが外れたのか明らかにするために、国立科学捜査研究院に車両の鑑定を依頼。事故当時、現場周辺では雨が降っていた。警察は車を運転していたマネージャー(27)のスピード違反や安全運転義務違反の有無についても調べを進めている。

 LADIES’ CODEは昨年3月、「Bad Girl」でデビュー。メンバーのリセさんはデビュー前にMBCのオーディション番組『偉大なる誕生』に出演して人気を集め、ソジョンさんもケーブルチャンネルMnetのオーディション番組『ザ・ボイス・オブ・コリア』に出場して話題を集めていた。事故で死亡したウンビさんは、高校卒業後、芸能事務所のレッスン生として1年間練習し、デビューに至ったという。LADIES’ CODEはこれまでシングル、アルバム計5枚を発売している。

竜仁=権祥銀(クォン・サンウン)記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • 交通事故でLADIES’ CODEメンバー1人死亡、1人重体
  • 交通事故でLADIES’ CODEメンバー1人死亡、1人重体

関連ニュース