ドラマで再共演するスターたち、ヒットなるか

 2012年、映画『10人の泥棒たち』で年上女&年下男の泥棒カップルとして共演し、最近ドラマ『星から来たあなた』で大人気を博したチョン・ジヒョンとキム・スヒョンが起爆剤になるだろうか。ブラウン管では、昔「お似合いのカップル」だった俳優たちの再会が流行している。人気ドラマで共演し愛されたスターたちが、2014年のブラウン管で、約束でもしたかのように再会を果たしている。短くて7年ぶり、長い場合は11年ぶりに会った昔のカップルたちは、再びドラマをヒットへと導くことができるだろうか。

■『ホテルキング』のイ・ドンウクとイ・ダヘ

 現在放送中の週末ドラマ『ホテルキング』(MBC)の主人公イ・ドンウクとイ・ダヘは9年ぶりの共演。2人は2005年末から06年初めにかけて放送されたドラマ『マイガール』で初共演した。当時、冷徹な実業家とキュートな詐欺師として、ハツラツとしたラブコメディーを演じたイ・ドンウクとイ・ダヘが、2作目では深刻な関係になった。息詰まる陰謀の中で、ホテルを守るという共通の目標を持つ総支配人と後継ぎの女性に扮し、誤解と和解、葛藤と助け合いを繰り返している。楽しく笑い合うことはないが、化学反応を起こしているのは確かだという評価。

■『朝鮮銃使い』のイ・ジュンギとナム・サンミ

 25日にスタートする水木ドラマ『朝鮮銃使い』(KBS第2)に主演するイ・ジュンギ、ナム・サンミも、共演は2度目。2007年に放送された『犬とオオカミの時間』(MBC)では、復讐(ふくしゅう)のため自分を捨てた男と、その二つの姿をどちらも愛した女性に扮し、切ない愛を繰り広げた。激動の朝鮮王朝時代末期を舞台にした『朝鮮銃使い』でも、2人の愛は平坦ではない見通しだ。イ・ジュンギは朝鮮一の剣客の息子として生まれるが、銃を持つ民族の英雄になっていく主人公、ナム・サンミは主人公を愛する女性を演じる。公開されたポスターだけでも、雰囲気が伝わってくる。

キム・ヒョンロク記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

  • ▲写真左上から時計回りに『運命のように君を愛す』のチャン・ヒョクとチャン・ナラ、『天国の階段』のクォン・サンウとチェ・ジウ、『ケ・セラ・セラ』のエリックとチョン・ユミ、『ホテルキング』のイ・ドンウクとイ・ダヘ、『朝鮮銃使い』のイ・ジュンギとナム・サンミ。

関連ニュース